ミツバチが作り出す栄養食・花粉だんご

ミツバチが作り出す栄養食・花粉だんご

ミツバチは花の蜜のほかに花粉も集めて食料としているのを知っていましたか?

花粉にはたんぱく質やビタミン・ミネラルなどが含まれており、ミツバチにとっては大切な栄養源のひとつです。

ミツバチは頭部や腹部、脚部に毛が生えており、花の蜜を吸うときに花粉が毛に付着します。
体に付いた花粉をこすりながら後ろ脚の「花粉かご」という部分に団子状にして集めます。体重の半分ほどの重さの花粉を集めることもあり、花粉だんごを抱えながら飛んで巣に持ち帰ります。

持ち帰った花粉だんごは巣穴に花粉を詰め込んで貯蔵し、ミツバチたちの保存食となります。

また、花から花へと飛び回り蜜を吸い花粉を集めることによって、体に付いた花粉で植物が受粉されるという大切な役割もあります。ミツバチによって自然の恵みがもたらせているのです。スゴイですよね!

また、ミツバチの花粉だんごは欧米ではスーパーフードともいわれ、花粉症の予防などにも注目されているそうです。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)