日本ではどのくらいジャムが食べられている?

日本ではどのくらいジャムが食べられている?

日本でも近年、朝食時などパン食を好む人が増えてきていると言われていますが、私たち日本人が、1年間に消費するジャムの量ってどのくらいなのか・・・想像してみたことがありますか?

昨年の2016年には、日本で5万700トンものジャムが生産されたそうです。例えばこれは、小学校の25mプールの容積にするとなんと約158杯もの量になります。こんなにたくさんのジャムがここ日本で作られていたのです!

さらに分かりやすく全国平均にすると、一人あたり年間2瓶を消費していることになり、一世帯あたりのジャムの消費量は1,151gになります。

また生産されているジャムの種類のランキングはと言うと、1位は「いちご」33.7%、2位は「ブルーベリー」23.5%、3位は「マーマレード」12.8%と続きます。「いちご」が人気なのは、昔から変わらない結果となっているようです。

糖度は10年ほど前と比べると65度以上のジャムの割合が低くなり、55度以上65度未満のジャムが多く作られるようになりました。これらは、健康志向から糖度の低いジャムが人気になってきた表れのようです。

このように少しずつ流行などによって、色々な変化もあるジャムの世界。調べてみると、思いがけない発見もあったりで面白いものです♪

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)