賞味期限と消費期限はどう違うの?

賞味期限と消費期限はどう違うの?

食べ物を買う際にチェックするのがいつまで食べられる商品かということ。

表示されている保存期限には「賞味期限」と「消費期限」の2種類があり、意味の違いを知っていますか?

「賞味期限」
期限内はおいしく食べられるもの。
品質の劣化が比較的遅いので、期限を過ぎてもすぐに食べられなくはない。
例:スナック菓子、缶詰、レトルト食品、即席めん類、牛乳など。

「消費期限」
傷みやすい食品に付けられることが多く、期限を過ぎたら食べないほうがいいもの。
品質の劣化が早いので、期限が過ぎたら食べないようにすること。
例:弁当や惣菜、食肉、生めんなど。

どちらも表示されている保存方法で未開封の状態での期限になりますので、開封後は期限に限らず早めに食べましょう。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)