ミツバチたちの冬の過ごし方

ミツバチたちの冬の過ごし方

寒い時期になるとミツバチたちの姿はあまり見かけなくなりますが、冬の間、ミツバチたちはどこでどのように過ごしているのか知っていますか?

花々も少なくなる冬に向け、ミツバチたちは秋のうちに花粉や蜜などの食料を巣の中に貯めこんでおきます。そうして冬が来ると、働き蜂も女王蜂も活動を控えて巣の中で過ごし越冬するのです。

女王蜂は、秋から徐々に産卵数を減らしたり、冬の間は産卵をお休みしたりし、巣の内部の蜂の数を増やさないことで少ない食料でも過ごせるように工夫をするのだと言われています。

また厳しい寒さに耐えるため、女王蜂を中心に働き蜂たちがあつまり、羽を細かく動かして巣の内部を温めるのだそうです。そのため巣の内部は寒い冬であっても20度~30度ほどまで温かくなります。

このように私たちに姿を見せない厳しく長い冬をミツバチ一家は、お互いに温めあい協力しながら、乗り越えているのでした。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)