一品一品に福来る「おせち料理」

一品一品に福来る「おせち料理」

年の瀬が近づき、新しい年を迎えるお正月がやってきます。

お正月料理で思い浮かぶのが「おせち料理」。

おせち料理は大晦日に食べるところやお正月に食べるところなど、
地域によって違いがあるそうです。

重箱の中には、黒豆や数の子、紅白かまぼこ、伊達巻、栗きんとんと数々の料理が敷き詰められているイメージですが、それぞれに一年の福を願った意味があるのをご存知でしたか?

代表的なおせち料理の意味を含めてご紹介します。

————————————–

<黒豆>
まめに働き、元気に暮らせるように

<数の子>
ニシンの卵なので、「二親」が健在で、卵の数が多い数の子にあやかって子孫繁栄しますように

<田作り>
イワシの幼魚の佃煮。イワシを田んぼの肥料にし豊作になったいわれから、五穀豊穣を願って

<たたきごぼう>
豊作の象徴である瑞鶏に似ているので豊作祈願。ごぼうは地中に深く根をはる様子から、家の安泰を願って

<紅白かまぼこ>
半円形が初日の出を表している。紅白で縁起良く

<伊達巻>
昔の書物である巻物に似ているので、教養や学問の成就

<栗きんとん>
栗の皮と渋皮を取り除いたものを「かち栗」というので、勝ち栗として、勝利に通じる願掛け。きんとんは金団という漢字なので、金色が縁起良く金運上昇を願う

<ぶり>
出世魚の意味から出世を願って

<鯛>
「めで鯛」という意味からおめでたい料理

<海老>
腰がまがっているように見える形から、長寿を祈願

<紅白なます>
お祝いの水引きのように見え、紅白でおめでたい

<昆布巻き>
喜ぶという言葉から。昆布を「子生」という字に当てはめ、子孫繁栄を願って

<お煮しめ>
しいたけ…陣笠に見立て、元気への願い

里芋…小芋がたくさん付くので子宝を願ったもの

くわい…大きな芽がでるので「めでたい」にかけて

手綱こんにゃく…手綱を締めて心を引き締めるという意味をもつ。結び目は良縁や円満を願って

梅花にんじん…花が咲いて必ず実となる梅を縁起物としている

たけのこ…たけのこのように子供がすくすく育ちますように

<金柑>
金冠という字に当てはめ、豊かさを願って

————————————–

意味には諸説ありますが、このように食材一つ一つに意味があるそうです。

料理に込められた願いを感じながら、「おせち」をじっくりと味わってみてはいかがでしょうか?

みなさまにたくさんの福が訪れますように。
よいお年をお迎え下さい。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)