冬が旬の国産ネーブルオレンジ

冬が旬の国産ネーブルオレンジ

オレンジは暖かい地方の果物のイメージがありますが、
国産のネーブルオレンジの旬は12月~3月に迎えます。

国内で最も収穫量が多いのが広島県で、次いで静岡県、和歌山県、愛媛県などが主な産地になります。

みかんの産地としても有名で、夏冬ともに比較的雨が少なく温暖である瀬戸内式気候が柑橘類の栽培に向いているそうです。

ネーブルオレンジは、種がなく、甘みがあり香り豊かなオレンジです。

国産のものは12月に収穫されて貯蔵したのち、大体2月から4月頃に出荷されます。
カリフォルニア産は11月~5月に出回ります。

オレンジの種類は「ネーブルオレンジ」「バレンシアオレンジ」「ブラッドオレンジ」の
3種類がメインで、インドが原産地といわれ、国内で流通しているほとんどがアメリカ産のオレンジになります。
ネーブルオレンジは19世紀にオレンジの枝変わりとしてブラジルで誕生し、今では人気のオレンジとなっています。

<オレンジの特徴>
◆ネーブルオレンジ
ジューシーで果汁が豊富。酸味と甘みのバランスが取れていて味が濃い。へたの後ろ側がへそのようになっている

◆バレンシアオレンジ
夏に旬を迎え、ネーブルオレンジに比べて酸味がやや強い

◆ブラッドオレンジ
果肉が赤色で果汁も赤色をしている

オレンジはビタミンCが豊富に含まれていて、風邪予防や疲労回復などにもおすすめのフルーツです。
また、オレンジの爽やかな香りはリフレッシュ効果も期待され、気分転換にオレンジを食べてみるのはいかかでしょうか?
ジューシーでおいしい旬の国産ネーブルオレンジをぜひ味わってみてください。

新鮮な選び方…ハリがあり、全体が色づいていて鮮やか。重みのあるもの。

保存法…冷暗所で保存。常温は1個ずつ新聞紙等で包んで乾燥を防ぐと長持ちします。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)