話題のはちみつ、マヌカハニーとは?

話題のはちみつ、マヌカハニーとは?

数あるはちみつの中でも希少なはちみつといわれる「マヌカハニー」を耳にしたことはないでしょうか?

マヌカハニーの多くは、ニュージーランドとオーストラリアの南東部原産のギョウリュウバイという低木に咲く、桃色や白色の可憐な花から採れた蜂蜜になり、南半球の夏にあたる12月に採取されます。

この木はニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で「マヌカ」と呼ばれており、マヌカの花から採取した蜂蜜はマヌカハニーと言われています。
「マヌカ」は「復活の木」「癒しの木」という意味で、マオリ族は多くの治療にマヌカを用いていたそうです。神秘的な蜂蜜ですよね。

ニュージーランドでは1800年ごろにヨーロッパからミツバチが持ち込まれ養蜂が始まりました。当時はマヌカハニーは品質の低い蜂蜜と把握されていましたが、次第にその抗菌活性が注目されるようになり、医療分野の研究もされているそうです。

・身体を温めて血行を良くする

・健康な腸内環境に

・美肌つくりに…とさまざまな目的で利用する人が増えているそうです。

普通のはちみつとは違い、水分量が少なく濃厚なとろみがあるので、そのままスプーンでひとさじ、ゆっくりなめるのがおすすめです。

マヌカの花

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)