<行事食>春のお彼岸のお供えは?

<行事食>春のお彼岸のお供えは?

お彼岸は毎年3月と9月に行われ、先祖を敬いお墓参りをする行事です。

このお彼岸が行われる「春分の日」と「秋分の日」は国民の祝日となっていて、
「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日、
「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として国に制定されました。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、春と秋の季節の境目がこの頃といわれています。

春分の日は、大体3月20日か21日頃となっていて、
今年(2018年)は3月21日で、21日を中日にした前後3日間、3月18日~24日が春のお彼岸になります。

お彼岸には、仏壇や仏具の掃除や手入れ、お墓参り、お供え物などをします。

春のお彼岸のお供え物は「ぼた餅」が一般的で、春は牡丹(ぼたん)が咲く季節ということから、
もち米をあんこで包んだ「ぼた餅」をお供えします。

秋のお彼岸には、萩の花を咲く季節から「おはぎ」がお供えされます。

また、「ぼた餅」はこしあん、「おはぎ」は粒あんを使用すると言われていますが、
諸説あり地方によって違いがあるようです。

<なぜあんこを使ったお餅?>
小豆は魔よけ効果を信じられており、邪気を払う食べ物として、貴重な砂糖を使ったあんことお餅で作られたのが「ぼた餅」「おはぎ」になるそうです。

ご先祖様への大切な思いを込めてお供えをした後、感謝の気持ちを持ちながらみんなでいただきましょう。

もうすぐ3月21日、日本ならではの行事食である「ぼた餅」を味わいながら先祖への思いを馳せてみてはいかがですか?

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)